????

自分でもできる!セルフケア

基本はブラッシング+歯間ケア

セルフケアで重要なことは、毎日のブラッシングです。さらにブラッシングでは取り除けない歯垢を、デンタルブロスや歯間ブラシを使って落としていきます。

歯垢が残りやすいのは、歯と歯の間、奥歯の噛み合わせ、歯と歯肉の境目、歯並びの悪いところです。みがいたつもりにならないよう、正しいセルケアを身につけましょう。

□正しいセルフケアを知ろう

●ブラッシング

ブラッシングは力を入れすぎず、優しくじっくりと。力を込めすぎると、みがき残しやすいうえに歯肉を傷つけます。歯ブラシは、毛先が広がると歯垢除去率が下がります。1ヶ月に1本を目安に交換しましょう。

※毛先の硬さ

歯ブラシの硬さは、毛の太さが細くなると柔らかく感じ、太くなると硬く感じる。

細い毛の歯ブラシは、ブラッシングの力が弱くても歯と歯の間の細部まで毛先が届くが、「ふつう」の毛に比べて取り除ける歯垢が少ないので、時間をかけてみがく必要がある。太い毛の歯ブラシは歯垢が取り除きやすいが、細部に届きにくい。歯ブラシの硬さは「ふつう」がバランスがよい。

 

歯間ケア

歯と歯の間歯ブラシが届きにくく、みがき残しが多い部分。

デンタルフロスや歯間ブラシを使って、歯垢を落としましょう。

参考:公益財団法人 8020推進財団「知っておきたいお口の毛のお役立ち情報」より

カテゴリー: Uncategorized | コメントをどうぞ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

〒818-0041 福岡県筑紫野市上古賀4丁目2-11

電話番号
診療時間
9:30~13:00
14:30~18:20

※木曜日の診察は9:30~12:30までです

土曜日の診察は13:00までです

【休診日】日曜日・祝日

診療科目歯科・歯科口腔外科・矯正歯科・小児歯科

各種クレジットカード、デンタルローンが使えます