????

感染症対策、口と鼻の健康保とう

新型コロナウイルスによる感染症が広がり、手洗いの励行など予防行動の呼び掛けが続く中、意外に触れられていないのが、口や鼻の健康保持の大切さ。岡山大学病院スペシャルニーズ歯科センターの診療講師、岡崎好秀さん(67)が提案するのが、従来のインフルエンザウイルス対策に準じた、口と鼻を健やかな状態に保つことで体の免疫力を維持する取り組みだ。

岡山大学院・岡崎さんが推奨

「朝一番の歯磨きで細菌除去」

「対策その1は、朝起きてすぐ、朝食前の歯磨き。口の中の細菌をできるだけ取り除いておくのが有効でしょう」と岡崎さん。

「鼻呼吸は天然のマスク」

「対策その2は鼻呼吸です」(岡崎さん)。

「あいうべ体操」で自然と鼻呼吸に

鼻呼吸が苦手な人もいる。マスクを着けた息苦しさで、マスクの下で口を空けている人も少なくない。

そこで岡崎さんが推奨するのが「あー」「いー」「うー」「べー」と、大きく口と舌を動かす「あいうべ体操」。1日30セット(10回ずつ分割しても可)やれば、舌の筋肉が鍛えられて舌先が上顎に付き、自然と鼻で呼吸できるようになるという。体操の刺激によって出る唾液で口の中は潤い、舌や口輪筋などの筋肉を動かすことで、口周りやのどの体温も上がる。

新型ウイルスの特徴はまだ分からないことが多い。日本感染症学会は現時点で、仮に感染したとしてもその多くは軽症~中等症の上気道(鼻から喉頭まで)の感染症で終わるとみて「このような症例に対してはインフルエンザ、風邪に準じた対応になる」との見解を示している。

免疫力アップをうたう食べ物を探し求めるより、まず空気や食の取り入れ口を良好な状態に保つことが、健康づくりの大前提だろう。「鼻呼吸こそ天然のマスク。口を病の入り口にしないよう、誰でもいつでもできる予防法で免疫力を保とう」。岡崎さんはそう呼び掛ける。

「歯科衛生士が口腔ケア」→インフル発症率低下・・・在宅療養高齢者で比較調査

口腔(こうくう)ケアがインフルエンザ発症率の低下につながることは、2003~04年、65歳以上の在宅療養高齢者190人を対象にした調査で明らかになっている。

調査では週1回、歯科衛生士による口腔清掃などを実施した「口腔ケア介入群」(98人、平均年齢81歳)と、本人および介護者による、それまで通りの口腔ケアした群(92人、同83歳)を設定。半年後、インフルエンザ発症率を比較したところ、従来型で9人が発症したのに対し、介入群での発症者は1人で、口腔ケアによって発症リスクが10分の1に減少した。

感染すると、高齢者のほか、糖尿病、心不全などの持病がある人ほど重症化しやすいとされる新型コロナウイルス。毎年のように猛威を振るうインフルエンザウイルスとは別物ではあるが、同じ感染症対策の一つとして、口腔ケアにも気を配りたいところだ。

西日本新聞 2020年3月11日掲載より抜粋

 

 

カテゴリー: Uncategorized | コメントをどうぞ

自分でもできる!セルフケア

基本はブラッシング+歯間ケア

セルフケアで重要なことは、毎日のブラッシングです。さらにブラッシングでは取り除けない歯垢を、デンタルブロスや歯間ブラシを使って落としていきます。

歯垢が残りやすいのは、歯と歯の間、奥歯の噛み合わせ、歯と歯肉の境目、歯並びの悪いところです。みがいたつもりにならないよう、正しいセルケアを身につけましょう。

□正しいセルフケアを知ろう

●ブラッシング

ブラッシングは力を入れすぎず、優しくじっくりと。力を込めすぎると、みがき残しやすいうえに歯肉を傷つけます。歯ブラシは、毛先が広がると歯垢除去率が下がります。1ヶ月に1本を目安に交換しましょう。

※毛先の硬さ

歯ブラシの硬さは、毛の太さが細くなると柔らかく感じ、太くなると硬く感じる。

細い毛の歯ブラシは、ブラッシングの力が弱くても歯と歯の間の細部まで毛先が届くが、「ふつう」の毛に比べて取り除ける歯垢が少ないので、時間をかけてみがく必要がある。太い毛の歯ブラシは歯垢が取り除きやすいが、細部に届きにくい。歯ブラシの硬さは「ふつう」がバランスがよい。

 

歯間ケア

歯と歯の間歯ブラシが届きにくく、みがき残しが多い部分。

デンタルフロスや歯間ブラシを使って、歯垢を落としましょう。

参考:公益財団法人 8020推進財団「知っておきたいお口の毛のお役立ち情報」より

カテゴリー: Uncategorized | コメントをどうぞ

口を鍛えて、衰えを防げ

~オーラルフレイル 「食べる力は、生きる力」 訓練やゲーム、食事で楽しく維持 ~

高齢になっても、おいしく食べ物を味わいたい。多くの人がそう願っているはず。そのためには、食べる力を維持するための訓練が有効だ。最近は、楽しくできる訓練法が色々と出てきている。

口には「食べる」「飲み込む」「息をする」などの様々な機能がある。これらの機能が衰えることを、口の中の虚弱「フレイル」ということで「オーラルフレイル」と呼ぶ。

このオーラルフレイルの予防に向けて活動している利根保健生活協同組合・利根歯科診療所(群馬県沼田市)の中沢桂一郎所長が取り入れているものの一つが、楽しみながらできる「吹き戻し」を使った口の機能の訓練法だ。子どもの時に遊んだことがあるだろう。息を吹き込むとびローンと伸びていく、あれだ。

普段、何げなく繰り返している「食べる」という行為は、実は歯で食べ物を噛むだけでなく、舌で食べ物をまとめたり、飲み込んだりといった複雑な働きが機能することで成り立っている。中沢さんは「自らの歯を残すことはもちろん大事だが、それとともに口の周りの筋肉も衰えさせないことも、とても大切」と話す。

吹き戻しを使った訓練では、呼吸の能力とともに、筋肉の維持することなどにつながる。訓練用の吹き戻しもある。介護用品の開発などを行う「ルピナス」(広島見三次市)では、県立広島大保健福祉学部などの共同研究を進め、呼吸力に応じて吹き口の大きさや巻き戻すのに必要なワイヤの数を調整。「ティッシュペーパーを1枚吹いて揺らす程度」「日常会話をはっきりとした声で話す程度」「ろうそくの火を吹き消す程度」「成人女性の平均的な呼気圧程度」といった4段階のレベルを設定した吹き戻しを販売している。自分の口の能力に合わせた訓練ができ、続けることでレベルアップできる。

市販のアイスキャンディーについている棒を使った体操や、紙などで作った魚をストローで釣り上げるゲームなど、楽しんでできる訓練法も考案されている。親しい人たちとカラオケに行って、大きな声で歌うこともオーラルフレイルの予防につながるとされる。食事も重要だ。若い頃は、生活習慣病を気にしてダイエットに取り組む人が多いが、高齢になると筋力を保つためにも、たんぱく質などの栄養を十分に取ることが大切になる。

オーラルフレイル予防を、遊びながらできるスポーツ競技として各地で普及していこうと、医師や理学療法士らでつくる一般社団法人「グッドネイバーズカンパニー」では、独自の口腔機能訓練を開発。ボディビルディングから着想を得て「口ビルディング選手権」と名付けて、認定トレーナーの養成などの活動を進めている。

オーラルフレイルになった高齢者は、4年後に身体的なフレイルになるリスクと要介護になるリスクがいずれも2.4倍になり、さらに死亡リスクが2.2倍に上がるという研究結果も出ている。口の機能が衰えることで、食欲がなくなったり、うまく話せなくなって他人との会話がおっくうになったりすることが関係していると考えられている。口の健康が全身の健康につながっているのだ。

218年度からは、原則65歳以上で飲み込む力や舌の機能の低下などが進んだ「口腔機能低下症」と診断されると、医療保険で治療を受けられるようにもなった。

「マンガでわかる オーラルフレイル」の共著がある大久保満男・元日本歯科医師会長は「食べる力は、生きる力。オーラルフレイル予防に取り組むことで、いつまでもみんなで楽しく食卓を囲んでほしい」と話している。

<参考>朝日新聞 2019年11月2日付 「元気にキレイに」 より

カテゴリー: Uncategorized | コメントをどうぞ

歯を失って噛む力が低下すると…

歯が20本以上ある人が認知症になるリスクを1とすると、歯がほとんどなく義歯(入れ歯)を使っていない人は、約2倍も認知症になりやすい。

歯を失うことは、なぜ認知症のリスク増大につながるのでしょうか。

ひとつは、堅いものを食べなくなり、栄養不良になることの影響が考えららえます。歯を失って噛めない状態になると、生野菜などの堅いものを食べなくなります。すると栄養学的に認知症予防に役立つといわれているビタミンCやビタミンEをはじめ、健康維持に必要なさまざまな栄養素が不足しやすくなります。

もうひとつは、柔らかいものばかりを食べ、噛む回数が減ることの影響です。噛むことによって歯の根の周りなどにある神経から、脳の記憶を司る細胞に刺激が伝わるしくみがあります。歯を失うと、その刺激が減り、記憶力などの脳の機能が低下することが考えられます。

“つまようじ法”歯みがきで歯周病を撃退

「歯間をみがく」感覚の”つまようじ法”。簡単で歯周病の予防・改善に効果的。

効果的な歯みがきのコツ

1)1日1回7~8分 歯みがき剤をつけずに。歯間を意識して丁寧に!

2)歯みがき剤を歯に塗り、軽くすすぐ。

<参考>わたしの時間 2019年9・10月号より

 

カテゴリー: Uncategorized | コメントをどうぞ

食生活とこどもの成長

~食べ物の硬さや栄養バランスに気をつけましょう~

●お口の機能の低下で歯並びの異常が起こる

最近、こどものむし歯は減少傾向にあるようです。その反面、私たちの大学病院に来院される患者さんの多くは、歯並びの改善などを希望されるようになってきました。このようなこどもたちの口元やお口の中を観察しますと、お口を閉める筋肉が緩み、舌の位置も上あごに正しく当たっておらず、下がった状態になっていることが気になります。

また、食事もカレーライスやラーメンなど軟らかいものばかり食べおり、お口の機能の低下が気になります。このように、最近のこどもたちは、お口の機能異常が多く、治療ではお口の中の機能訓練などの対応が必要な症例が増えてきました。これは、日本の食文化が急激な欧米化に伴い、軟食化傾向が著しく、このためにかみ方や飲み込み方が下手なこどもたちが多くみられるようになったことが考えられます。特に小学生の時期は乳歯から永久歯に生え変わるので、あごの発達が歯並びに影響します。よく噛んであごを鍛えられるよう、食物繊維の多い野菜や海草、豆類、乾物類などを意識的に増やすとよいといわれています。前歯が生え変わる低学年は、食べ物をこぼしやすく、またかむ能力も低下します。このような時はくちびるをしっかり閉じてかんで飲み込みます。奥歯が生え変わる時期にも同様に配慮が必要です、よくかむことは、食品を飲み込みやすくするばかりではなく、あごや脳の発育を助け、各種免疫機能やタンパク質が入っている唾液と混ぜ合わせるとこによって、細菌や毒素を中和し、健康なからだを維持する働きがあります。十分にかんでいない現代人は、免疫機能も劣ってきていると考えられます。私たちの教室が以前行った調査でも、かみ方が下手なこどもたちは、下痢や風邪をひきやすい傾向にあることがわかりました。

 

●軟食化によってかむ回数の低下と健康被害が起こる

このようによいかみ方にはいろいろな効能があるのですが、前にも述べたように現代人には軟食化傾向があり、齋藤らの研究でも古代人と比べてかむ回数が極端に減っていることがわかっています。これによりますと、卑弥呼の時代の復元食ではかむ回数が3,990回なのに対して、現代食では620回しかなく、食事時間も短くなっています。かむ回数の低下は筋力の低下につながり、あごの形にまで影響を及ぼしてきます。これらは、こどもたちの歯列や肥満を招くばかりでなく、健康面や心理面での問題も誘発しているようです。

●かむ回数を増やして健康になろう

かむ回数を増やすことでこどもは健康になり、肥満も防ぐことができます。よくかむためには、一口で食べる量や食べ物の硬さを考える必要があります。かむ回数を増やすためには昔ながらの煮物などの薄味の日本食が最適です。こどもたちの健康を守るためにも、調理を工夫して一口30回かむ訓練をしましょう。

 

<参考>お口からはじめましょう からだの健康 より

 

 

 

カテゴリー: Uncategorized | コメントをどうぞ

顎関節症~あごがカクカクしませんか?~

●あごの関節はどこにあるのでしょう?

あごの関節は「顎関節(がくかんせつ)」とよばれ,お口を開け閉めするための関節です。顎関節は耳の前にあり,下 顎頭(ががくとう)(下あごの付け根)という骨のでっぱりと下 顎窩(かがくか) (側頭骨の下端)という骨のくぼみで構成されています.下顎窩と下顎頭との間には関節円板があります。この関節円板は,帽子のように下顎頭にかぶさっていて,下あごが動く時,骨と骨とがすれないようにクッションの役割をしている組織です。関節円板は爪より軟らかくエックス線写真には写りません。

●あごの関節は,その他の関節には見られない独特の動き方をします

お口を開けると,下あごの付け根である下顎頭は,クッションの役割をする関節円板と一緒に前方に滑走(滑るように移動)し,骨のくぼみである下顎窩から離れていきます.その他の関節では,くぼみから関節の頭が外れる動きはありません。ですから,お口を開ける時の下顎頭の動きは,あごが外れたように見えますが,顎関節ではこれが正常な動きなのです。

お口を閉じているとき、関節円板は下顎頭と下顎窩の間にあります。
お口を開けると、下顎頭と一緒に関節円板も前に移動します。

 

●関節円板がずれると、お口を開ける時に「カクカク」と音がしたり、お口が開きにくくなります。

帽子のように下顎頭がかぶさっている関節円板が前方にずれると、お口を開ける時に下顎頭が関節円板にかぶり直す際に「カクカク」と音がします。さらに関節円板が下顎頭の前方移動の邪魔をするとお口は開きづらくなります。

●顎関節症とは?

「あごが痛む(顎関節痛)」、「お口が開かない(開口障害)」、「あごを動かすと音がする(顎関節雑音)」、これらのうち1つ以上の症状があり、他の疾患がない病態を「顎関節症」といいます。

<顎関節の自己チェック法!>
①お口を大きく開いた時、人差し指から薬指を並べた3本指を縦にして入りますか?
(1.すっと入る  2.ほぼ問題ない  3.どちらともいえない  4.やや困難  5.まったく入らない)
②お口を大きく開け閉めした時、あごの痛みがありますか?
(1.まったくない  2.たまにある  3.どちらともいえない  4.しばしばある  5.いつもある)
③お口を大きく開いた時、まっすぐに開きますか?
(1.いつもまっすぐ 2.たまに曲がる 3.どちらともいえない
4.しばしば曲がる 5.いつも曲がる)
④干し肉、するめ、タコなど硬いものを食べるとあごや顔が痛みますか?
(1.痛まない 2.たまに痛む 3.どちらともいえない 4.しばしば痛む 5.いつも痛む)

以上の質問票で合憲点数が9点以上の方は顎関節症かもしれませんので、まずはお近くの歯科医院にご相談ください。

<参考>おくちからはじめましょう からだの健康 より

 

カテゴリー: Uncategorized | コメントをどうぞ

歯並びは人それぞれ “自分に合ったケア”できていますか?

むし歯などお口のトラブルを防ぐためには、歯みがきで歯垢(プラーク)をしっかり取り除くことがとても大切。

みがき方を見直すとともに、アイテムを活用するなどして自分に合ったケアを習慣にしましょう。

●ちゃんと歯みがきしているつもりでも、意外とみがけていないという事実。

 

「自分の歯みがきに自信がある!」という人の中でも、実際にしっかりみがけている人は約2割しかいません。歯みがきの意識と現実には大きなギャップがあり、その要因には、フラッシング方法が間違っている、自分の口内の状態に適したケアができていない、みがきグセにより効果的に歯垢を落とせていないなどが挙げられます。

歯垢が残りやすいところは下図の通り。鏡で歯並びをチェックしつつ、「みがいたつもり」にならないように丁寧にケアしてください。

また、ハブラシは毛先が広がると歯垢除去率が低下してしまいます。1ヶ月に1本を目安にハブラシ交換をしましょう。

 

 

ハブラシで届きにくいところも+(プラス)アイテムでしっかり汚れを除去!

 

歯間や歯並びが割るところなど、ハブラシが届きにくいところについた歯垢を落とすには、「デンタルフロス」や「ワンタフトブラシ」といった用具を習慣的に活用するのがおすすめです。

デンタルフロスは、歯間の歯垢を効率的に落とせるアイテム。予防歯科先進国として知られるスウェーデンでは、2人に1人が普段から使っているそうで、ブラッシングの後に使うと、歯垢除去率は1.5倍にも高まります。一方、ワンタフトブラシは、みがき残しが気になるところにピンポイントで毛先が届くのがメリットです。

このほか、歯の再石灰化を促す「フッ素」を配合したハミガキ剤や、むし歯リスクが高まる就寝中の細菌増殖を抑えるデンタルリンスなどを、日々のセルフケアに活用するのは良い方法です。

適切なセルフケアは、歯並びやお口の状態によって人それぞれ異なります。歯科医院などでの指導に基づいた“自分に合ったハミガキ習慣”で大切な歯を守りましょう。

 

カテゴリー: 未分類 | 歯並びは人それぞれ “自分に合ったケア”できていますか? はコメントを受け付けていません。

お風呂に入ろう!~冷えは万病の元~

●不調の「原因」は、毎日の習慣や生活環境にあり。

気持ちよくお風呂に入ることが、血行不良や筋肉の緊張、自律神経の乱れの緩和につながります。

 

~様々な入浴法があります~

●ストレスを解消したい時

40℃以上のお湯にゆっくりと長くつかりましょう。

ぬるい湯は副交感神経優位で、心身を鎮静させる作用があります。

 

●安眠したい時

睡眠の1~2時間前に、36~38℃のぬるま湯にゆっくりと入りましょう。

体の緊張が取れて、本来の疲れがどっと表に出てきます。

 

●これからひと仕事したい時

高温浴がおすすめ。42~43℃の熱いお湯に短時間はいります。

交感神経を刺激して心身の緊張を高めます。

 

●足のむくみ、足の疲れを取りたい時

40℃前後のややぬるめで、たっぷり入れたお湯に、深く長く入りましょう。

水圧の原理を生かし、深く入るほど圧力は高くなります。

 

●筋肉の疲れを取りたい時

42~43℃の熱めのお湯に入り、一度出て水をかけ、再び熱めのお湯に入るのがいいでしょう。

血行を良くする効果があります。

 

●肌を美しくしたい時

ややぬるめのお湯に保湿成分入りの入浴剤を入れゆっくりとつかり、

リラクゼーション効果を高めましょう。

 

ただし、歯が痛くなるとそれは、虫歯か歯の根の病気かも。

また、下の奥歯が痛くなると歯科以外の循環器系の病気かも。

いずれにしてもかかりつけの医師か歯科医師に相談しましょう。

 

武田コンシューマーヘルスケア株式会社「入浴のすすめ」より

カテゴリー: 未分類 | お風呂に入ろう!~冷えは万病の元~ はコメントを受け付けていません。

急に痛みが消えるのはなぜ?

Q:この間からむし歯が痛くて痛くて。でも、「歯医者さんに行かなきゃ」と思っていたらいつの間にか痛みが消えました。

どうしてですか?

A:多分、炎症がひどすぎて歯髄が死んでしまったか歯のなかに溜まり歯髄を圧迫していたうみが何かの拍子に排出されたのでしょう。

すぐに歯科医院に行きましょう。このままでは歯を失ってしまいますよ。

 

たしかにむし歯の痛みは、あるときは激烈で耐え難いですが、その時期を超えると、うそのように消えてしまうことがあります。

「歯が痛くならないとなかなか歯科医院に行かない」という患者さんなら、「炎症が治ったみたいだ」とか、「これでまたしばらく歯医者に行かなくてすむ」とお考えかもしれません。

しかし患者さんのご希望とは裏腹に、歯のなかの炎症はむしろ広がり、破壊が進んでいるはずです。象牙質が崩れ、歯に完全に穴が開くことで、内部に溜まって歯髄を圧迫していた膿が外に出て内圧が下がると痛みがふっとラクになるのです。そしてこれまで警報を鳴らしてくれていた歯髄がついに死んでしまうと、ひとときの平穏が訪れます。

このあと細菌感染は、周りのさらに多くの組織へと広がっていきます。そして噛む刺激が加わったり、からだの抵抗力が落ちた時に、突然火がついたように痛みます。急に痛みが消えたのは、束の間の「嵐の前の静けさ」なのです。

歯髄が細菌感染してひどい炎症が起きると、けっして自然に治癒することはありません。治療を先延ばししていると、歯を失ってしまうかもしれません。

むし歯に気づいたら、小さなうちに歯科医院に行くのはもちろん、定期的にメンテナンスを受けていると、早期発見とむし歯予防に効果があります。歯科医院との、日ごろからのお付き合いをお願いします。

NICO臨時増刊号より

カテゴリー: 未分類 | 急に痛みが消えるのはなぜ? はコメントを受け付けていません。

オーラルフレイル知っていますか?

自立した生活を送れる健康寿命と平均寿命は10年前後の差があります。

加齢による咬合力(咬む力)や嚥下力(飲み込む力)の低下で、食べられるものが少なくなり低栄養になります。

これが進行すると、要介護になるリスクが増大します。これがオーラルフレイルです。

でも、初期の段階なら心配いりません。

歯周病や虫歯で歯を失ったりしても歯科医院に行けば、ちゃんと処置してもらえますし、治療終了後に定期的なメンテナンスをかかりつけ歯科医でしてもらえば、健康寿命を長く保つことができます。

当院は、4月で開業30周年です。年月とともにメンテナンスと予防歯科に移行し、30%の方は定期的管理を行っております。

できるだけ歯を抜かない、歯を削らないのが、私の願いです。

オーラルフレイルに打ち勝つためには、定期的メンテナンスを強くおすすめします。

主食以外の糖質を適切に管理し、プラークコントロールを行い、かかりつけ歯科医を上手に利用して、末永く、明るく、健康にお過ごしいただきたいと願っております。

カテゴリー: 未分類 | オーラルフレイル知っていますか? はコメントを受け付けていません。

〒818-0041 福岡県筑紫野市上古賀4丁目2-11

電話番号
診療時間
9:30~13:00
14:30~18:40

※木曜日の診察は9:30~12:00までです

土曜日の診察は13:00までです

【休診日】日曜日・祝日・第三木曜日

診療科目歯科・歯科口腔外科・矯正歯科・小児歯科

各種クレジットカード、デンタルローンが使えます